渋谷駅周辺


スクランブル交差点が目の前にある渋谷駅です!


渋谷駅の再開発事業が完成する2027年まで、渋谷駅の通路は変わり続けるでしょう。不便との声が多いのですが、 その日々の変化の様子を楽しむことはできないでしょうか。

渋谷駅は、地下5階の副都心線・東横線ホームから地上3階の地下鉄銀座線のホームまで、8階層もあるという、おそらく世界でも珍しい駅といえます。 JR東日本山手線・埼京線・湘南新宿ライン、東京メトロ銀座線・半蔵門線・副都心線、東急東横線・田園都市線、京王井の頭線の 路線があります。ホームの数は全部で9本。ホームの数では東京駅や新宿駅に及ばないのの、 その複雑な地上部分にあたる東急東横店跡をすべて取り払って作り直すという大工事が現在進められています。 2027年に完成すれば、新しい東京の象徴になるでしょう。


JR渋谷駅東側の上に地上47階の渋谷スクランブルスクエア東棟が2019年11月1日に、 西口バスターミナル前の渋谷フクラスの主要部分を占める東急プラザ渋谷が12月5日にオープンし、 また2020年1月から銀座線の渋谷駅ホームが新しくなりましたが、井の頭線やバス乗り場からの導線が2027年まで定まらないようです。


JR渋谷駅の東口正面にはミュージカル劇場もある渋谷ヒカリエ 。原宿方面への線路沿い には古くからののんべい横丁のすぐ先に、2020年8月から渋谷横丁 が営業を開始しました。MIYASHITA PARKの1階になり、その先端が18階あるsequence|MIYASHITA PARK になります。


JRの恵比寿方向の線路横が渋谷ストリームで、線路の反対側で工事中なのは桜が丘地区ビル(仮称) で2023年に竣工します。JRの線路の真上に地上10階の中央棟、西口側には地上13階の西棟が建設されますが、2024年 に現在ある建物の解体工事が終わってからの着工になるのでしょう。


井の頭線のホームがあるのは渋谷マークシティの中で、2000年に竣工したものです。 長距離バスの乗り場もあり、渋谷の入口の一つとなっています。地下には東急フードショー が東急東横店地下から移転して営業しています。


井の頭線の改札口とJRの改札口を結ぶ連絡通路には岡本太郎作の巨大壁画があり、その反対側の窓からはスクランブル交差点の様子を間近に見ることができます。


マークシティーから東口のヒカリエ、渋谷ストリームまでは地下でつながっていますが、しばらくは、迷路として楽しむことになるかも知れません。


スクランブル交差点に面した広場に、渋谷のシンボルのようなのがハチ公像があります。 西口のバス乗り場には新島から寄贈されたモヤイ像があり、渋谷駅の待ち合わせ場所として知られています。



渋谷駅は4つの鉄道会社がそれぞれ紹介しています。


東急線渋谷駅構内フロアマップ
JR渋谷駅
東京メトロ渋谷駅
井の頭線渋谷駅


渋谷再開発情報サイト:東急が渋谷再開発の詳細を発信しています。
SHIBUYA FUTURE:渋谷駅周辺の工事状況の写真が公開されています。
SHIBUYA+FUN PROJECT:渋谷駅周辺の工事全体像をわかりやすく説明しています。






渋谷駅道玄坂下センター街公園通り渋谷中央街円山町・百軒店裏渋谷・神泉駅周辺道玄坂上松涛旧山手通り・東大裏渋谷駅西側全般